Archive

Posts Tagged ‘night/夜’

微笑む人

2010年4月27日 コメントは受け付けていません

柔和に努めた優しい態度は、境を越えさせない冷たさを感じさせた。

それは己の規律を他人に適用しないための、鍛えられた冷たさだった。

その孤独な微笑みに安らぎを与えるには、その冷たさを解決する必要があった。

無視すれば、彼の人は抱きとめられても心は逃げるだろう。

平気な顔でいれば彼の人は戸惑い、避けるようになるだろう。

癒やそうと近づけば、侮辱を感じてあの柔和な態度で固辞するだろう。

彼の人が警戒心を抱かない態度は、境を越える干渉をしないことだと学習する。

境を越えないがいつでも連絡を取れる存在。

彼の人の内側に浸透するには、信頼を積み重ねていくことが必要だった。

彼の人は拒絶するだろう。何度も。

それは相手を試そうとするわけではなく、自分を守るために。

どうして彼の人なのだろう。別にこだわる必要もない。

彼の人でなければ、という理由もない。

少し座って、考える。

いい日

2010年3月11日 コメントをどうぞ

昨日はいい日だった。
明日もきっといい日だ。
そして、そのいい日は、僕が今日作る。

それがどうかしましたか。
その物語が、私たちの行動に、変化をもたらすものですか。
私は信じています。
人々が、様々な分野で、最善を尽くしていることを。

私は、彼らが、私の存在を知ることもなく、
『ああ、今日もいい日だった。明日もきっといい日だ。』
そう、思ってくれることを願っている。
そのために働くことができて、生きることができるなら、
それが幸せなんです。

昨日はいい日だった。
明日もきっといい日だ。
そして、そのいい日は、僕が今日作る。

カテゴリー:diary/日記 タグ: , ,

無力感

2010年3月9日 コメントをどうぞ

お前はよく頑張った。
本当によく頑張った。
万力を込めて人事を尽くした。

ならばお前は、
明日という社会的な時間の区切りに、
それほど恐れを抱かなくてもよいではないか。

自然の暗闇に溶け込み、
お前の精神が、
お前の暗き精神が産み出す心地よい闇に包まれながら、
その状態に飽き、自らそれを裂くほどの光を発するまで、
養分を蓄えるがよい。

カテゴリー:diary/日記 タグ:

夜の祈り

2009年7月7日 コメントをどうぞ

お前は、お前の体、お前の心、お前の理想、お前の目標を、

お前の人生という短い時間のなかで、

達成できるように最善を尽くせばいいんだ。

最善を尽くしていれば、どうして迷うことがあるだろう。

最良の結果には結びつかないかもしれないが、

何もしなかったという最悪の結果を回避することはできる。

必ず転機は来る。焦っても焦らなくても。

今できることを、体と心のバランスを取りつつ、最善の努力をしていけばいい。

人事を尽くして天命を待ち、お前の決断に自信を持て。

誰よりもお前を知っている者はお前だし、

誰よりも信じることが出来る者もまた、お前なのだから。

カテゴリー:diary/日記 タグ: ,