アーカイブ

Posts Tagged ‘Defence/防衛’

【読書記録】大山巌1 戊辰戦争

2010年6月22日 コメントは受け付けていません

(この読書記録は本が好き! 大山巌1 戊辰戦争に寄せたものです。少し手直ししてあります。)

西郷隆盛と共に育った大山巌を、幼年時代から戊辰戦争を通して見ていくもの。

薩英戦争の詳細、それによる大山巌の砲術への意識、戊辰戦争、

朝鮮の修好拒否、外交官交換拒否、日本人入国制限、

日本人漂流者の救助拒否、使節用宿舎の破壊から来る、

征韓論による明治政府の動揺と西郷の下野までが描かれている。

冷静な書き方であり、無駄な感情の抑揚は見られず、史実に沿って書く姿勢が伝わってくる。

資料の一つとして読んでいたので、

特に気になったところは学生時代に身につかなかった点である。

まず、薩摩藩が極端な軍事優先地域であったこと。

(明治6年全国士族調査によると、”『士族が住民の60%を占めたことが、記録されている。

全国平均では士族は10%以下であるから、その高率が理解できる。』”とある)

その貧苦を支え、明治維新の軍資金を支えたものが、

奄美諸島の黒砂糖を格安で買い上げ、大阪で売ることで大きな利益をあげたことにあるようだ。

『明治維新は奄美諸島の黒砂糖、いいかえれば薩摩藩の暴利政策に対する島民の忍耐で成就された、といえるかもしれない。(p12)』

また、幕臣の勘定奉行小栗上野介忠順の言葉は、現在にも通用する。

『一言ヲ以テ国を亡ボス可キモノアリヤ。ドウカナラウト云フ一言、之レナリ。幕府ガ滅亡シタルハ此の一言ナリ』(p18)

どうにかなるだろう、なんとかなるだろう、といった根拠のない希望的観測が幕府の滅亡を導いたと指摘するこの言葉は、

現代において重要な教訓を持っているのではないだろうか。

薩英戦争は、英国と薩摩藩の武器能力と技術力の差を露呈したものとは学んでいたが、

現在では

『海軍兵力の不足と劣質』(p114)

に敗北の要因があったのだとよくわかる。

海洋国家としての日本が戦略を考える上で当然、必要なものであり、これがあって海上輸送や交易ができる。

交易の基礎は安全にあり、安全は自国で保障できなければならないことを痛感させられる。

そして戊辰戦争に対するフランスとイギリスの干渉の多用さは目を引く。

特に官軍の江戸攻撃計画の際に、英国公使が、

『もし江戸攻撃を断行するなら『居留民保護の目的』で出兵せざるを得なくなる』(p221)

、とし、

フランス公使も勝海舟に対し、

徳川慶喜をフランスに亡命させるために江戸攻撃があるならフランス兵を出兵させるとしていたのだから、
江戸攻防戦が行われれば、江戸が英仏紛争の場となったかもしれない(p222)

というところは驚きである。

さらに、大山が述べる『おいが普仏戦争で痛感したのは、兵器の独立ちゅうこつ。』というのは確かにその通りだと感じる。

これは、ひいては技術の独立である。

今さらではあるが、この必要性、重要性が、自分には曖昧な認識しかなかったのだ。

出版社: 文藝春秋

ISBN-10: 4167141191

ISBN-13: 978-4167141196

発売日: 1985/06

拍手を贈る

[report]オーストラリア・ラッド政権の国防戦略と日豪安全保障協力

2009年12月17日 コメントは受け付けていません

#読了レポートも載せていきます。

#aboutページを作成しています。

オーストラリアの国防白書が09年5月に新たに発表された。

冨田 圭一郎先生のレポートが非常に興味深いので、気になる部分のみ引用する。

『日本が日米同盟を信頼できなくなった場合に言及していることである。』

p11

『オーストラリア側は、日米豪印4か国による戦略対話の構想に対しては、

ハワード政権のダウナー外相、ラッド政権のスミス外相のいずれも、否定的な考え方を示している (81) 。』

(81) 「日米印との戦略対話構想、豪外相が否定見解」

『朝日新聞』2006.8.9, 夕刊及び“Interview with Australian media, Imperial Hotel, Tokyo,” Australian Minister for Foreign A?airs, 1 February, 2008 を 参 照。 〈http://www.foreignminister.gov.au/transcripts/2008/080201_ds.html〉このあたりの経緯については、拙稿 前掲, pp.77-78 を参照。』

p17

■引用元

国立国会図書館レファレンス 平成21年刊行分

No.707 (2009年12月)オーストラリア・ラッド政権の国防戦略と日豪安全保障協力(pdf)

『国防』 石破茂先生

2009年8月12日 コメントをどうぞ

#外交における発言の重みは軍事力が大きく影響する。

#国境問題や国際協力は経済力だけでは解決できない。

#日本人は内政だけしか考えていないと言われる。
#内政は外交とのバランスで成り立つと考えるので、

#必ず知る必要があると考える。

#石破先生の著作はわかりやすく、入門しやすいと感じた。

#20080613#

書名:国防

著者:石破茂

出版社: 新潮社

ISBN-10: 4104737011

ISBN-13: 978-4104737017

発売日: 2005/1/26

###

「本書で述べてきたことは、あくまでも現時点(2004年末)の私の考え方です。」

###

「楽観して、楽観して、楽観して、何かあったときには責任を取らない。

 そういう人もいるかと思います。

 軍事について考えることを、まるで危険思想のように言う人たちがそうです。

 しかし政治家というものは、心配に心配を重ねて、

 結果として何事もなかった、ということでいいのだと私は思っているのです。」

###

「要するに私の真意は、訓練を積んで、戦って負けない精強な自衛隊を維持することが、

 結果的に抑止力として機能し、戦いを起こさないことにつながる、ということです。」

###

「『この文章を読んで、誰が分かるか?

帰って、奥さんに語って聞かせろよ。

奥さんが分かるか? 奥さんに分からないものが国民に分かると思うか?

君たちは正確性といって、難しいことを書き連ねて、専門用語を駆使する。

でもそれは、国民の理解を深めることには絶対ならないだろう。』」

…書類を持ってきた官僚に対して

###

「現実的な防衛を知れば知るほど、骨太な平和主義が必要になります。

知らない人は何だって言えます。

軍事を語るときには、最低でも、

その船や飛行機や戦車がどのような性能を持ったものか知っていないといけません。

知らないで議論することは凄く怖いことだと思います。

そういう知識は一朝一夕には身につきませんが、絶対に必要なものであるはずです。」

###

「政治が語ることをやめたら、政治の意味はなくなります。

よく、『この程度の国民に、この程度の政治家』と言う人がいます。

これは私の最も嫌いな言葉の一つです。

『?程度』というのは、政治家の責務を放棄している言葉だと思うのです。」

###

「文民統制といった言葉を聞いても、どこか抽象的で自分には関係ない。

そんな風に考えている方も多いかもしれません。

しかし、皆さんは納税者として口を出す権利があります。

国民は税金を払って政治家を雇っており、その政治家が軍を統制しています。

いわば、皆さんは『(自衛隊の)ユーザー』の立場にいるのです。」

###

「何度も繰り返しますが、国連は”United Nations”です。

世界政府ではなくて、

連合国―――第二次世界大戦の戦勝国―――を核とした主権国家が集まったものです。

国連に参加したら国権の行使ではなくなる、主権と切り離せるといったことは絶対にありません。」

###

拍手を贈る

民間防衛 スイス政府

2009年8月12日 コメントをどうぞ

#冷戦下の出版のためか、緊迫感がある民主主義についての文章だった。

#日本の民主主義は何を核として守っていくかを描き、教育に取り入れる必要があると感じた

###

#20080613#

書名:民間防衛

著者:スイス政府

出版社:原書房

ISBN 4-562-01226-8

ISBN-13: 978-4562012664

発売日: 1970/10

###

「スイスは、どの隣国の権利も尊重する。

 しかし、隣国によって踏みにじられることは断じて欲しない。」

###

「スイスは、世界中で人類が行うあらゆる建設的行為には全力を尽くして協力する。

 しかし、自ら行うべきことを他人から指図されたくはない。」

###

「親たちが我々のことを心配してくれたように、子供たちのことを考えよう。

 自由と独立とは、我々の財産の中で最も尊いものである。

 ――自由と独立は、断じて、与えられるものではない。

 自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、

 言葉や抗議だけでは決して守り得ないものである。」

###

「完全な国を作るためには、常に手を加えねばならない。」

###

「我が民主主義の真価は、絶えず必要な改革を促すことである。

 どのような制度も、生き物とおなじように、

 それ自体の生命力によって変化することから逃れるわけにはいかない。」

###

「民主主義は、何も生み出さないでじっとしていることと、

 破壊的に転覆することとの間に通じる、

 狭い、山の背のような道を、用心深くたどらねばならない。」

###

「法は、我々すべてを拘束するが、我々を守るものでもある。

 我々も法の制定に参加せねばならない。

 もし、制度の改善のために何もせず、共同体の管理に参加しないならば、

 自分たちの制度について不平を言う資格はない。」

###

「健全な民主主義を維持し発展させていくためには、

 『建設的な』反対派による批判、審査が必要である。

 この反対派は、欠陥と不完全性を指摘し、えぐりだす。」

###

拍手を贈る

侵略と防衛

2009年7月9日 コメントをどうぞ

侵略者の葛藤が理解できない者は、

防衛の必要性も理解できないだろう。

カテゴリー:diary/日記 タグ: