ホーム > History/歴史, Reading/読書 > ファルク・ピンゲル 和解のための歴史教科書

ファルク・ピンゲル 和解のための歴史教科書

2010年3月31日

#こうした序文を書くことに抵抗はあるが、ご指摘いただいたため書いている。

#私の抽出の仕方を見れば何を言いたいかは自明の理だと思うが、そうもいかない。

#読書記録は非公開グループで展開すべきかと考えている。

#さて今回の書籍はゲオルク・エッカート国際教科書研究所の功績である。

# 日中韓の歴史教育内容の相互理解の道筋がうっすら見えるようである。

#鳥海 靖先生が仰るように、『歴史教育は政治教育である』が、

#高校教育では周辺国の日本評価は盛り込んでほしいものだと思う。副教材としてでも。

#200910#

書名:ファルク・ピンゲル 和解のための歴史教科書

著者:ピンゲル,ファルク

訳者:近藤 孝弘

出版社: 日本放送出版協会

ISBN-10: 4140812281

ISBN-13: 978-4140812280

発売日: 2008/05

(敬称は省略させていただいています。)

###

「ゲオルク・エッカート国際教科書研究所は

世界中の国と地域の教科書を所蔵しています。

ここには、東アジア諸国の歴史、地理、社会の教科書もあります。

世界中を探しても、他に類を見ない研究機関と言えるでしょう。

わたしたちはこの研究所で、世界各地でつくられた教科書の表現を比較しています。

宗教・社会・文化などの違いによって、教科書の表現は大きく異なっています。

こうした違いを理解した上で、

世界各地の教育現場でより良い教科書をつくるための助言を行うのが、

わたしたちの役割です。」

p9

「この研究所の創設者ゲオルク・エッカート(1912?74)は、

第二次世界大戦中のナチス独裁下を生き、

その経験から戦後すぐにヨーロッパの様々な国の歴史教師たちと共同研究を始めました。

イギリスやフランスとの間で、それぞれの教科書の表現について比較を行い、

明らかに敵対的な表現を取り上げて、新たな表現に変えるという試みです。

イギリスとフランスの歴史教科書におけるドイツに関する新たな表現、

逆にドイツの歴史教科書におけるイギリス・フランスに関する新たな表現を

両者の合意の上でつくりあげていくのです。」

p14

「ドイツとポーランドの教科書対話は、歴史認識を共有できた例として評価されています。

しかしこうした評価を得るまでにはとても長い時間がかかったことを忘れてはなりません。

ドイツとポーランドの教科書委員会が26項目の勧告を発表したのは1976年のことです。

しかし勧告の内容が実際に教科書に反映されたのは1980年代半ばを過ぎてからのことなのです。」

p15

「ここには、教科書対話における難しさを象徴する問題が描かれています。

つまり、『政治的に受け入れられる合意に至るためには、政治的に解決できない項目は除外されかねない』という問題です。」

p18

「『ドイツ人とポーランド人は今では友好的な隣人同士となっています。

ドイツの歴史教科書は歴史認識を改め、事実に合わない記述は訂正されました。

またポーランド側も、ドイツをいまだに敵国として見るような表現を教科書から削除したのです』」

…ポーランド側のメンバーであったワルシャワ大学歴史学部教授のウォジェミン・ボロジェイ氏

p19-20

「歴史というものは、白か黒かではありません。また唯一の正しい記述方法というものも存在しません。

しかし、ドイツにおいてもポーランドにおいても、教科書の執筆者そして政治家が、歴史の良い面も悪い面も、

両面を一緒に見られるようになるまでには、相当に長い時間がかかったのです。

その一方で、現場の生徒と教師たちについては、ほとんどの場合それほどの困難は生じませんでした。

こういった問題の難しさは、多くの場合、実際の教育現場よりも政治のレベルで現れるのです。」

p25

「教科書対話において、わたしが重要だと思うのは、

委員会のメンバーが政治状況や国の政策に目配せをするのではなく、

自らの立場で討論を行うということです。

つまり、委員会は科学的かつ教育的なものでなくてはならないのです。

 現在、日本・韓国・中国でも教科書対話が行われていますが、ひとつ感じることがあります。

わたしの印象では、東アジアの教科書対話では、

すべての局面において、政治が関わりすぎているように思うのです。

あまりに政治家の発言に依存していて、政治から距離を置いた、

研究者としての立場からの自由な発言をする学者と教育者がいないという状態が続いてるように見えます。」

p27

「教科書対話の参加者の一人、

首都サラエボの学校で歴史教師を務めるセルビア人のスミリャ・ムルジャさんは次のように言う。

『教科書のガイドラインを作る際にわたしたちが心がけたのは、

多角的な視点です。特に論争の対象になるようなデリケートなテーマでは、

さまざまな見方を取り上げました。

また、文化交流の歴史についての記述を増やして、

あえて政治的なテーマについての記述の割合を減らしました。

周辺の国々についても、より広い視点を大切にして、政治的に偏りのない内容を目指しました。』

ピンゲル氏たちが作成した歴史教科書ガイドラインには、

ボスニア・ヘルツェゴビナ国内で使われる教科書の記述はどうあるべきかが示されている。

ガイドラインは、他の民族に対する偏見や差別的な表現を禁止し、

憎しみを助長するような言葉を用いることがあってはならないとしている。

また、デリケートな問題に関しても、議論を喚起するために教科書で語られるべきであり、

その際に歴史的な事実についてはさまざまな見解があることを示すべきだとしている。」

p35

「違いを否定するのではなく、わたしたちの間にはどのような違いがあるのか、

そしてその違いはお互いの共存を許さないほど強いものなのかということについて意見交換することが大切なのです。

そうした議論を行うことで、お互いの違いを認識し、共同で活動に取り組んだり、

同じ学校に通ったり、共に多くを学んだりできるように導いていくべきなのです。」

p37

「セルビア人は残酷であり、

イスラム教徒である自分たちは犠牲者だと言うことを明確にしなければならないという考えを持っている人は、いまだに存在します。

 しかし、そのような考えのままならば、和解など決してできません。

どこで、どのような犯罪が起こったのかは認めるべきですが、

相手を永久に犯罪者にして、現在と未来の共存へのチャンスを与えないということではいけません。

 わたしが言いたいのは、戦争で傷ついた子供たちが学ぶべきなのは、

報復ではなく、2度と戦争を起こさないということです。

殺し合ったのは親の世代なのです。

子供たち自身はまったくの無実です。親の罪が、子供にまで及ぶのを避けなければなりません。

子供たちは、大人たちの罪から切り離され、未来を作っていくべきなのです。」

p38

「『スレブレニツァの虐殺をやったのはセルビア人だ』という言い方をしてはいけないと思います。

罪を犯したのは特定の人間であり、そうした人たちが犯罪者として裁かれるべきなのです。

わたしは共通教科書がつくられて、ボスニアのすべての地域で使われるようになれば、

3つの民族の共存に役立つだろうと思います。」

p41

「生徒のなかにも、将来的には共通教科書を使うべきだ、という意見の持ち主もいる。

『共通教科書はいいことだと思います。ひとつの民族を中心にして歴史を記述するのではなく、

3つの民族が平等でバランスのとれた内容の教科書をつくればいいと思います。(セルビア系女子)』

『民族によって歴史観が分かれるのは望ましくないと思います。

わたしは共通教科書がつくられることを願っています。

わたしの父は戦争で亡くなりました。でもわたしは民族の和解を願っています。

みんなが平和に生活できるために』(イスラム教徒女子)」

p43

「ピンゲル氏は改めて歴史教科書の果たす役割について語りかけた。

『歴史を学ぶということは、年号や歴史上の人物の名前を暗記することだけではありません。

異なる経験をした民族は、歴史に対して異なる見方をするということを知ることが大切です。

子供たちが歴史を自ら解釈する力を育てることが目的なのです。』

p58

「わたしが問題だと思うのは、むしろマスメディアの伝え方です。

問題となっている教科書は、日本のごく一部の学校の教師のみが使用しているものですが、

大変大きく報道されます。

マスメディアは、政治や国家といった耳目を集めやすいテーマだけではなく、

現場の活動にももっと目を配るべきです。

わたしが出会った日本人教師の多くは、韓国人教師との対話において非常にオープンな人たちでした。

彼らは、自国の戦争犯罪を認めることにも躊躇しませんでした。」

p60

「まずお互いを認め合わなければいけないのです。

同じレベルで、平等な立場で交渉を行っていくべきなのです。」

p62

「東アジアでは、歴史教科書のセミナーなどの席上で韓国や中国からの参加者が『日本人は教科書を改めるべきだ。日本人は戦争犯罪者なのだ』と訴えかける態度をとることがあります。

しかし、彼らは同時に自分たちの歴史も批判的に見なければなりません。

日本と韓国の歴史学者のやりとりを見ていてわたしが気づいたことですが、

一方が相手を批判し、批判されたほうがそれに対して弁護するといったことでは、

いつまでたっても真の対話はできません。それでは、互いの見解が近づくことはないのです。」

p62

「わたしたちがドイツとポーランドの対話で学んだ重要なことは、

まず自らの心を開かなければ何も始まらないといことです。

パートナーとしてお互いに心を開き、自分たちの歴史についても批判的に見つめ、

そしてそれを相手方にオープンに伝えなければなりません。

相手の批判に対しても耳を傾けなければなりません。

こうして対等な関係が成り立って、初めて同じレベルでの対話をすることが出来ますし、

周辺諸国の理解も得られるようになるのです。」

p62

拍手を贈る

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。