ホーム > report/論文 > [report]オーストラリア・ラッド政権の国防戦略と日豪安全保障協力

[report]オーストラリア・ラッド政権の国防戦略と日豪安全保障協力

2009年12月17日

#読了レポートも載せていきます。

#aboutページを作成しています。

オーストラリアの国防白書が09年5月に新たに発表された。

冨田 圭一郎先生のレポートが非常に興味深いので、気になる部分のみ引用する。

『日本が日米同盟を信頼できなくなった場合に言及していることである。』

p11

『オーストラリア側は、日米豪印4か国による戦略対話の構想に対しては、

ハワード政権のダウナー外相、ラッド政権のスミス外相のいずれも、否定的な考え方を示している (81) 。』

(81) 「日米印との戦略対話構想、豪外相が否定見解」

『朝日新聞』2006.8.9, 夕刊及び“Interview with Australian media, Imperial Hotel, Tokyo,” Australian Minister for Foreign A?airs, 1 February, 2008 を 参 照。 〈http://www.foreignminister.gov.au/transcripts/2008/080201_ds.html〉このあたりの経緯については、拙稿 前掲, pp.77-78 を参照。』

p17

■引用元

国立国会図書館レファレンス 平成21年刊行分

No.707 (2009年12月)オーストラリア・ラッド政権の国防戦略と日豪安全保障協力(pdf)

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。