Art/芸術1

2009年11月11日

#20040508#更新

###

「芸術家とは才能があって、いつでも初心者のつもりでいる人間のことだ。」

…ルナール

###

「芸術家の資格はただ智慧と、注意と、誠実と、意志とだけです」

…パブロ・ピカソ

###

「われわれが芸術作品に真に期待するのは一定の個人的要素である。

 われわれは芸術家がたとえ優れた心情をもっていないにしても、

 少なくとも優れた感受性をもっていることを期待している。

 独創的な何ものかを、すなわち独自な、個人的な世界像を示してくれることを期待している。」

…ハーバード・リード

###

「芸術というものは自然の研究に過ぎません。自然です。何もかもそこにあります」

…ロダン

###

「音楽が表現するもの、それは常に変わらぬもの、計り知れないもの、理想的なものである。

 つまり、何かの機会に何処の某が抱いた情熱とか、愛情とか、憧れとかではない。

 情熱、愛情、憧れそのもの、ありとあらゆることが原因で生じるこの感情そのものを表す。

 これこそが、音楽にだけ許された独特の性格であり、

 他のいかなる言語もこれには適さず、表現することが出来ない」

…リヒャルト・ワーグナー

###

「いろんな人達が僕の曲を演りたいと言ってくれるんだけど、みんな誤解している。

 知識がジャズの一面にだけ偏ってしまっていて、

 オーディションをすると他の面に対する理解が全く欠けているのがわかる。

 物事を育てて展開させて行こうと思うなら、

 その根源を探っていくことはすごく重要なことなんだ」

…ミッシェル・カミロ

###

「私は、美学者どもがおかしくて仕方がないよ。

 連中は、我々が美しいという表現で呼んでいる言い難いものを、

 いくつかの抽象的言語で一つの概念に統一しようと頭を悩ましているのだからね。

 美とは、根源現象なのだ。

 だからなるほど、それ自体は現れる事はないにしても、その反映は、

 無数の様々な創造的な精神のあらわれの中に見られるわけだよ。

 自然そのものと同じくらい多種多様なのさ。」

…ゲーテ

###

「つまり、音楽は、いわば繊細で感じやすい人生の”どうしてもそうならざるを得ない姿”、

 自己洞察の源のようなものを表現していると言っているのである。

 共感を訴えているのではないのだ。」

…スザンヌ・ランガー

###

「芸術にあっては、『性格』を持っている者だけが美しい。

 『性格』とは美であれ、醜であれ、何を問わず自然の感想の辛辣な真実のことです。

 『二重の真実』と呼べるほどのもののことです。

 外の真実によって訳出される内の真実だからです。

 それは、顔面の線や、人の姿勢と動作や、空の色調や、水平線などが表現する魂であり、

 情緒であり、思想であるのです。

 偉大な芸術家にとっては、自然の中のいっさいのものが性格を現わします。」

…ロダン

###

「自然なものを大事に……人間も自然の一部でやっぱり自然……自然というよりも、宇宙だよね。

 もっと宇宙的な仕組み、システムを本来のものに、元々の姿にしとかないと。

 音楽なんかをやるっていうのは、結局、そういうコスミックなシステムっていうのを恐れる、

 敬う、尊敬するっていうことだと思うんですよ。まあ、そこまで僕の音楽はいってないけど。

 その一つの形、形式、音楽はその一つの形。イマジナリーな自然だ」

…武満徹

###

「自然こそすべての始まりである。」

…カミーユ・コロー

###

「美はあらゆるところにある。」

…ロダン

###

「人は言う、芸術家よ、自然を研究せよと。

 しかし、ありふれたものから気高いものを、

 形を成さないものから美しいものを展開させることは、小さいことではない。」

…ゲーテ

###

「完璧な芸術家というものは、生来の素質よりも修業に負うところが多い。」

…ゲーテ

###

「多くの作曲家は、素人の表現論者に対しては音楽の自律性、

 音そのものの完全性を主張するものであるが、

 そして作曲するにあたって意識の上ではそのつもりで努力するものであるが、

 それだけが全てではないということは知っているものである」

…別宮貞雄

###

「どんなに優れた天才であれ、全てを自分自身のおかげだと思うとしたら、

 それ以上の進歩は出来ないだろう。しかし、きわめて多くの善良な人たちはこのことに気づかず、

 独創性の残骸に振り回されて人生の大半を暗中模索しているのだよ。」

…ゲーテ

###

「私は、自身がいかなる大家にも師事しない事を、

 むしろ全てが自分自身の天才のおかげだと自慢している芸術家たちを知っている。

 愚かな連中さ。それがどこででも通ると思っている。自己の愚かさも知らず、

 世界は全く自分たちに迫らず、自分たちの中から何も引き出さないと思いこんでいる。」

…ゲーテ

###

「私が作曲家として歩みだしたときにパパ・ハイドンやアルブレヒツベルガーの良い忠告に耳を傾けていなかったら、

 もっとたくさん馬鹿げたことをしていたでしょうね。」

…ベートーベン

###

「芸術と美とを同一視してしまうことが、いつも芸術の鑑賞を困難にする原因になっている。

 …(中略)…というのは芸術は必ずしも美ではないからである」

…ハーバード・リード

###

「芸術は自然の模倣や人間の生の再現以上のものである。

 …(中略)…

 芸術は一種の変換であり変質である。」

…カッシーラー

###

「芸術家が、忠実かつ敬虔に、自然をその隅々まで模倣しなければならない事は、もちろんだよ。

 動物を描くにしても、その骨格、脚や筋肉の状態を勝手気ままに変えて、

 本来の特徴を損なうような事は、絶対に許されない事だ。

 なぜならそれは、とりもなおさず自然を破壊する事だからだ。

 けれども、一段と高い魂に達した芸術家は、一枚の絵を本当の絵にする方法を心得ているから、

 もっと自由に描く事が出来る。

 こうなれば、ルーベンスがこの風景画において二重の光を使っているように、

 虚構の世界へ足を踏み入れても構わないのだ。」

…ゲーテ

###

「この絵は嘘だ。天文学上からいってこんな綺麗な夕焼けはあり得ない。」

「あなたはこのような夕焼けを見たいとはお思いになりませんか」

「それは見たいですよ」

「そうですか、私はその理想の美を描いたつもりです」

…ターナー 展覧会での天文学者との会話で。

###

「芸術家は、世界に向かって一つの全体を通して語りかけようとする。

 けれども、そういう全体は、自然の中には見つからないのさ。

 彼自身の精神からの結実なのだよ。

 あるいは、実り多い神の息吹に吹きつけられて実を結んだもの、といってもよいだろう。」

…ゲーテ

###

「芸術家の使命は、人間の心の奥底に光明を与えることである。」

…シューマン

###

「太陽を所有しても、それを与えることができなければ充分ではない!」

…ポール・クローデル(聖王ルイ)

###

「音楽は人々の精神から炎を打ち出さなければならない。」

…ベートーヴェン

###

「太陽がないときには、それを創造することが芸術家の役割である。」

…ロマン・ロラン

###

「詩人は、とらえがたい霊感の祭司である。

 未来が現在の上に投げかける巨大な影を映す鏡である。

 自らの理解しないことを表現する言葉である。

 それは、出陣を励ましながら、その鼓舞するものが何かを知らぬラッパである。

 動かされる力でなく、動かす力である。

 詩人は世界の非公認の立法者である。」

…シェリー

###

「詩人はいつも真実を話す嘘吐きである。」

…コクトー

###

「芸術とは私たちに真実を悟らせてくれる嘘である」

…パブロ・ピカソ

###

#拍手を贈る

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。