ホーム > Wise remark/名言/人物 > Peter Ferdinand Drucker/P・F・ドラッカー1

Peter Ferdinand Drucker/P・F・ドラッカー1

2009年10月18日

#20041023#作成

###

「先進国社会は、自由意志によって職業を選べる社会へと急速に移行しつつある。

 今日の問題は、選択肢の少なさではなく、逆にその多さにある。

 あまりに多くの選択肢、機会、進路が、若者を惑わし悩ませる。」

###

「社会は一人ひとりの人間に対し、自分は何か、何になりたいか、何を投じて何を得たいかを求める。

 この問いは、役所に入るか、企業に入るか、大学に残るかという俗な問題に見えながら、

 実は自らの実存にかかわる問題である。」

###

「今日ふたたび我々は、

 昔からの問いである一人ひとりの人間の意味、目的、自由という根源的な問題に直面している。

 世界中の若者に見られる疎外の問題が、この問いに答えるべきことを迫っている。

 組織社会が、選択の機会を与えることによって、一人ひとりの人間に意思決定を迫る。

 自由の対価として責任を求める。」

###

「最初の仕事はくじ引きである。最初から適した仕事に就く確率は高くない。

 しかも、得るべきところを知り、向いた仕事に移れるようになるには数年を要する。」

###

「得るべきところはどこかを考えた結果が、今働いているところでないということならば、

 次に問うべきは、それはなぜかである。

 組織が堕落しているからか、組織の価値観になじめないからか。

 いずれかであるならば、人は確実に駄目になる。

 自らの価値観に反するところに身を置くならば、

 人は自らを疑い、自らを軽く見るようになる。」

###

「企業という柔軟で流動的な組織さえ、人を同じ仕事、同じ環境に閉じ込めようとする。

 閉じ込められているほうは飽きる。燃え尽きたのではない。

 違う種類の挑戦に応ずべく、新しい環境に置かれること、

 すなわち植え替えられることが必要なだけである。」

###

「あらゆる者が、強みによって報酬を手にする。弱みによってではない。

 最初に問うべきは、我々の強みは何かである。」

###

「仕事を変え、キャリアを決めるのは自分である。

 自らの得るべきところを知るのは自分である。

 組織への貢献において、自らに高い要求を課すのも自分である。

 飽きることを自らに許さないよう予防策を講じるのも自分である。

 挑戦し続けるのも自分である。」

###

「未来は明日作るものではない。今日作るものである。

 今日の仕事との関係のもとに行う意思決定と行動によって、今日つくるものである。

 逆に、明日を作るために行うことが、直接、今日に影響を及ぼす。」

###

「優れた者ほど間違いは多い。それだけ新しいことを試みるからである。

 一度も間違いをしたことのない者、

 それも大きな間違いをしたことのない者をトップレベルの地位に就かせてはならない。

 間違いをしたことのない者は凡庸である。

 そのうえ、いかにして間違いを発見し、いかにしてそれを早く直すかを知らない。」

###

「人生から何を得るかを問い、

 得られるものは自らが投じたものによることを知ったとき、

 人は人として成熟する。

 組織から何を得るかを問い、

 得られるものは自らが投じたものによることを知ったとき、

 人は人として自由となる。」

###

「意思決定についての教科書の第一ページは、事実を収集せよである。

 だが、問題を定義し分類しないことには、それは不可能である。」

###

「問題の定義と分類なくして、事実を知ることはできない。データを知りうるのみである。

 問題の定義と分類によってのみ、意味あるデータ、すなわち事実を知ることができる。

 面白いが関係のないデータから解放される。」

###

「重要なことは、明日何をなすかではない。不確実な明日のために、今日何をなすかである。」

###

「正しい構造が成果を約束してくれるわけではない。

 しかし、間違った構造は成果を生まず、最高の努力を無駄にする。」

###

「すでに一つのことが確実である。

 根本的な変化が続く時代に入ったということである。」

###

「既存のものは古くなる。あらゆる意思決定と行動が、それを行った瞬間から古くなりはじめる。

 したがって、通常の状態に戻そうとすることは不毛である。通常とは昨日の現実にすぎない。」

###

「未来は明日作るものではない。今日作るものである。

 今日の仕事との関係のもとに行う意思決定と行動によって、今日つくるものである。

 逆に、明日を作るために行うことが、直接、今日に影響を及ぼす。」

###

「すでに起こった未来を見つけ、その影響を見ることによって、新しい知覚がもたらされる。

 新しい現実が見える。まず必要なことは、見えるようにすることである。

 できることや、しなければならないことは、そのあと簡単に見つかる。」

###

「未来を予測しようとすると罠にはまる。行うべきことは、現在あるものをマネジメントすることである。

 そして、将来ありうべきものや、あるべきものを自ら創造するべく働くことである。」

###

「未来に何かを起こすには、勇気を必要とする。努力を必要とする。信念を必要とする。

 その場しのぎの仕事に身を任せていたのでは、未来は作れない。

 未来にかかわるビジョンのうち必ず失敗するものは、

 確実なもの、リスクのないもの、失敗しようのないものである。」

###

「変化をマネジメントする最善の方法は、自ら変化を作り出すことである。」

###

「チェンジ・エージェントたるための要点は、組織全体の姿勢を変えることである。

 全員が、変化を脅威でなくチャンスとしてとらえることである。」

###

「変化への抵抗の底にあるものは無知である。未知への不安である。

 しかし、変化は機会と見なすべきである。変化を機会としてとらえたとき、初めて不安は消える。」

###

「自らの製品、サービス、プロセスを陳腐化させることが、競争相手による陳腐化を防ぐ唯一の手立てである。」

###

「イノベーションを行うには、組織全体に継続学習の風土が不可欠である。

 イノベーションを行う組織では、継続学習の空気を生み出し、それを維持する。

 ゴールに達したと考えることを許さない。学習を継続すべきプロセスとする。」

###

「イノベーションには、他のあらゆる仕事と同じように、才能、創意、知識が必要である。

 しかし、本当に必要とされるのは、激しく集中的かつ体系的な仕事である。

 勤勉、忍耐、決意が欠けていたのでは、せっかくの才能、創意、知識も役に立たない。」

###

「あらゆる活動にリスクが伴う。

 だが昨日を守ること、すなわちイノベーションを行わないことのほうが、

 明日を作ることよりも大きなリスクを伴う。」

###

「リスクの有無を行動の基盤としてはならない。リスクは行動に対する制約に過ぎない。」

###

#拍手を贈る

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。