ホーム > History/歴史, Reading/読書 > 民間防衛 スイス政府

民間防衛 スイス政府

#冷戦下の出版のためか、緊迫感がある民主主義についての文章だった。

#日本の民主主義は何を核として守っていくかを描き、教育に取り入れる必要があると感じた

###

#20080613#

書名:民間防衛

著者:スイス政府

出版社:原書房

ISBN 4-562-01226-8

ISBN-13: 978-4562012664

発売日: 1970/10

###

「スイスは、どの隣国の権利も尊重する。

 しかし、隣国によって踏みにじられることは断じて欲しない。」

###

「スイスは、世界中で人類が行うあらゆる建設的行為には全力を尽くして協力する。

 しかし、自ら行うべきことを他人から指図されたくはない。」

###

「親たちが我々のことを心配してくれたように、子供たちのことを考えよう。

 自由と独立とは、我々の財産の中で最も尊いものである。

 ――自由と独立は、断じて、与えられるものではない。

 自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、

 言葉や抗議だけでは決して守り得ないものである。」

###

「完全な国を作るためには、常に手を加えねばならない。」

###

「我が民主主義の真価は、絶えず必要な改革を促すことである。

 どのような制度も、生き物とおなじように、

 それ自体の生命力によって変化することから逃れるわけにはいかない。」

###

「民主主義は、何も生み出さないでじっとしていることと、

 破壊的に転覆することとの間に通じる、

 狭い、山の背のような道を、用心深くたどらねばならない。」

###

「法は、我々すべてを拘束するが、我々を守るものでもある。

 我々も法の制定に参加せねばならない。

 もし、制度の改善のために何もせず、共同体の管理に参加しないならば、

 自分たちの制度について不平を言う資格はない。」

###

「健全な民主主義を維持し発展させていくためには、

 『建設的な』反対派による批判、審査が必要である。

 この反対派は、欠陥と不完全性を指摘し、えぐりだす。」

###

拍手を贈る

広告
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。