ホーム > Wise remark/名言/人物 > Albert Camus/アルベール・カミュ2

Albert Camus/アルベール・カミュ2

2009年7月25日

###

「情熱を抱いて生きるということは、

それを既に制御してしまっていることを前提としている。」

###

「情熱という言葉は、当然、魂の苦悩ということが意味されている。

それなのに、情熱という言葉が使われると、ともすれば我々は、

我々をびっくりさせる痙攣的な烈しさを考えがちで、

その結果それが苦悩を意味していることを忘れてしまう。

(傲慢さ───挑戦)

同じく、完全な俳優(人生の)とは、

動かされる人───そしてそれを知っている人───つまり受身の情熱なのだ。」

###

『いいえ違うわ。───と女の教師が言った。彼は甘えん坊なのよ。

今に分かるわ。見ていて御覧なさい。まだ人生を知らないお坊ちゃんなの。』

「人生がたぶん美しく容易であることを知るためには、

それまでに人生を知ってしまってはいけないということになっていたからだ。」

###

「無意味なものとは、強いて意味のないものをいうのではなく、

それ自体で一般的な意味を持たぬもののことだ。」

###

「不思議だね。君には悲しい哲学がある。

それなのに顔つきは幸せそうだ。」

「なら、僕の哲学は悲しくないという結論を出したまえ。」

###

拍手を贈る

広告
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。