ホーム > diary/日記 > 眼光と礼拝

眼光と礼拝

思うに、自分が人生で苦痛と恥に満ちた期間を無効化することを、
無意味化することを、克服だと思っていたことが間違いだった。

あの体験は消しようがなく、苛立たせるが、無価値ではない。
自分というものが、図らずも自分が自分に対して最も正直だった期間だ。

そんな自分に、僕は墓を作った。
自分の本質を墓に押し込んで、忘れて、
周囲に、時代に、適応してしまいたかった。

それでもやはり、僕が生きるには、
生命と欲望の眼光を発しながら生きるには、
あの生命力が必要なんだ。

僕は誠実を軸とし、紳士たることを求めた。
今までそれは、他人に対して、世間に対しての自分へだった。

自分に対して、僕は誠実で、紳士たらねばならない。

それが、墓に対する礼拝となろう。

広告
カテゴリー:diary/日記 タグ: , ,
  1. まだコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。